KAI-YOU BLOG

KAI-YOU inc.からのお知らせや、コラムなどの読み物コンテンツを掲載します

▽iPhone7に機種変▽『校閲ガール』と木下古栗▽MtGグランプリ千葉で本気出す|KAI-YOU mini blog 11月18日

この記事をシェア

f:id:KAI-YOU:20161118184701j:plain

こんばんは!KAI-YOU.net編集部です。毎週金曜日に、各部署の社員が3人ずつミニブログをお届けします。

KAI-YOU.netでは取り上げきれなかったポップな出来事や、社員の最近気になるあんなことやこんなことなど盛りだくさんの内容となりますので、ぜひチェックよろしくお願いします!

iPhone7に機種変!

f:id:KAI-YOU:20160323172926j:plain

CKS(Twitter@C_K_S

iPhone7にするか迷っていた

こんにちは、KAI-YOU開発部のデザイナー/イラストレーターのCKSです。

kai-you.hatenablog.com

以前、iPhone7がちょっと気になってる〜的なことを書きましたが、その後の進捗がありまして、結果iPhone7に替えました!もう機種変更も完了して毎日使っています。

ちょろちょろ迷って結局決め手になったのは、キャリア契約更新のタイミングでした。11月が更新月だったので、10月一杯キッカリで解約し、新しい業者さんに乗り換えました。なんか意外と?簡単に乗り換えってできるんだなって拍子抜けでした。ショップとか一度も行かずにできたのは楽チンでした。

5sでは結構固まりがちカクカクしがちだったポケモンGOも、11月頭の再販でポケモンGO PLUSを無事GETしたのを機に復帰し、性能のアップした7でサクサクプレイできています。モンジャラが好きで、パートナーに選んでいます。

気になるのはサイズ感

ただ・・・やはり大きいですね〜・・・。画面が広くて良い!のは体感してますが、自分の小さい手だとまだタイピングおぼつかないです。素が一番格好いいと思ってケースは付けない派だったんですが、電車で肩ちょっとぶつかったとかで落とすのが割りと全然ありえるなと思える大きさで、しぶしぶケースを物色しはじめています(物色はノリノリでめっちゃ楽しい)。

残った5sどうすんの?という感じですが、意外とまだまだある横320のシェアに対応すべく、開発用実機端末として持っておくことにしました。会社に置いておこうかしら。

最近面白いもの

f:id:KAI-YOU:20161118185345j:plain

ねりまちゃん(Twitter@nerimarina

まずは『校閲ガール』

KAI-YOU開発部のディレクターのねりまちゃんです。先日に引き続きドラマネタで失礼します。

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』観てますか?

石原さとみ演じる河野悦子の相手役、菅田将暉演じる折原幸人くんは現役大学生で気鋭の作家!(そしてついに女性誌の専属モデルときた!)
著作『犬っぽいっすね』はリニアモーターカーと牛のキメラ「リニアモータ」が出てくるシュールな作品……? うーん、なにそれ?

KAI-YOU.netでは、現役校閲者の結城紫雄さんが毎週レビューを執筆してくださっていますので要チェックでよろしくお願いいたします!

kai-you.net

さて、菅田将暉さんといえば、映画『溺れるナイフ』でのあの神々しい輝きはいったいなんなんでしょう? ドラマでみせる可愛い男の子の演技もですが、とんでもない美形を活かした演技もとてつもなくよいですね。

作家・木下古栗

ちょっと話は変わるのですが、わたしは木下古栗という作家が好きです。読者置いてけぼりの下ネタ満載のシュールなわけのわからなさみがツボで、地下芸人とか深夜ラジオとか好きな人には超オススメです。

で、何が言いたいかといいますと、わたしが最近あみだしたライフハックが「木下古栗の作品を菅田将暉が書いていると思って読む」というもの。なにそれって感じだと思いますが、ドラマの世界と自分の好きな作品の世界を、無理くり拡張してニヤニヤしております。どうでしょうこの説? みなさんもぜひ!

MtGグランプリ千葉で本気出す

f:id:KAI-YOU:20161118185735j:plain

わいがちゃんよねや(Twitter@TYonemura

マジック:ザ・ギャザリング」の祭典が千葉で開催

ついに来週、11月25日から27日にかけて、幕張メッセにてグランプリ千葉が開催されます。

グランプリとは、カードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」の祭典。日本では年に3回程度のペースで開催され、1000人〜3000人規模のプレイヤーが一堂に会する大規模なイベントです。一般の参加者が100万円単位の賞金を手にする貴重な機会でもあり、さらに上の招待制大会「プロツアー」への参加権利を一発で得ることができる、最高の戦いの場です。

しかし今回、弊社MtG部では本戦には参加しません。なぜなら今回のグランプリ千葉は「レガシー」という、長い経験と資産がものをいう、古参プレイヤーじゃないとなかなかプレイすることが難しい環境のためです(はじめて1年未満の我々には荷が重い)。

ただし、それは逃げではなく、もう一つの道に全力をかけていることの証左でもあります。

新参プレイヤー向けの大会「Super Sunday Series(SSS)」

そんな僕たち新参プレイヤーにも許された大会が、グランプリ内で開催される「Super Sunday Series(SSS)」です。

各国で開催されるグランプリの最終日に行われ、これを通過したプレイヤーは、アメリカのウィザーズ・オブ・ザ・コースト本社で開催される「Super Sunday Series Championship(SSSC)」に招待されます。

今回の予選を抜けることができれば、旅券もホテルも滞在中の食事もすべて支給され、現地ではお金を使うことがないほどの高待遇が受けることもできます。優勝賞金は6,000ドル

僕らKAI-YOU MtG部が行ってきた1年間の活動のすべてをここにぶつけます。後ろ指さして僕らを嘲笑ってた奴らを全員見返すために、僕らの「遊び」が世界に通用することを証明するために、最善を尽くします。

KAI-YOU Magazineはこちらから

KAI-YOU Magazineは毎週月曜19時に配信!

KAI-YOU Magazineの登録はこちら

KAI-YOUの最新情報はこちらから

友だち追加
広告を非表示にする