KAI-YOU BLOG

KAI-YOU inc.からのお知らせや、コラムなどの読み物コンテンツを掲載します

世界と遊ぶ!展 8月20日の様子

この記事をシェア

さてさて、8月19日からスタートした「世界と遊ぶ!展」。今日は会期2日目の20日を振り返ってみようと思います。この日もアーティストの皆さんに多数お越し頂いて、巨大キャンパスの作画を進めていただきました。


アイドル「ももいろクローバー」のイラストや、アニメ「かよえ!チュー学」なのでもおなじみのJUN OSONさん。
f:id:KAI-YOU:20110820133509j:image:w560


アニメーション作家の水江未来さんには、巨大キャンパスだけでなくマネキン作品へのライブペインティングも行っていただきました。会期中どんどん細胞のモチーフが加えられていきます。
f:id:KAI-YOU:20110820130459j:image:w560
f:id:KAI-YOU:20110820150040j:image:w560

この日には「ゲラシムサイファー」という朗読イベントも行いました。詩人の佐藤雄一さんが主宰する、詩人や歌人、小説家からラッパーまで言葉を使った表現者を一同に集め、円形になってそれぞれの作品を朗読し採点するという「Bottle/Experience/Cypher」。過去には谷川俊太郎さんや、降神さん、朝吹真理子さんなどが参加されています。
f:id:KAI-YOU:20110820160013j:image:w560


「ゲラシムサイファー」では使用する言語はオノマトペ(=擬声語)と身体表現で競い合います。ダンサーには関かおりさん、東野洋子さんに参加頂きました。朗読者もダンサーも交えてまずは予選が行われます。
f:id:KAI-YOU:20110820161358j:image:w560


トークパートでは佐藤雄一さんにをホストに、哲学者の千葉雅也さん、音声詩研究者の熊木淳さんをお迎えしアントナン・アルトーをモチーフに「音声詩とは」というテーマで、言葉と音の関係について語っていただきました。会場からの質問を挟みながら、アツい議論が巻き起こりました。
f:id:KAI-YOU:20110820163946j:image:w560
f:id:KAI-YOU:20110820172144j:image:w560


トークの後には、「ゲラシムサイファー」の予選通過者による本選パフォーマンス。朗読されるオノマトペと、即興のダンスが絡み合います。
f:id:KAI-YOU:20110820180845j:image:w560
f:id:KAI-YOU:20110820181412j:image:w560


といった形で様々なパフォーマンスとともに進んだ20日。どのパフォーマンス中にも、巨大キャンパスのライブペインティングは進んでいき、同じ空間の中で多様な文化が混ざり合っている光景が印象的でした。
f:id:KAI-YOU:20110820181248j:image:w560

広告を非表示にする